私、海外旅行に畳持参の思ったことをぼそぼそ・だらだらと書き綴ります


by kaigaitata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:雑誌・書籍( 12 )

活字に飢えている

久しぶりに図書館に行ってみたいです。
どうしても気になる本があるので読んでみたいのですが…
普段活字に触れない分そういうのが気になるときがあります。
[PR]
by kaigaitata | 2010-06-06 23:45 | 雑誌・書籍
あなたの好きな作家&おすすめの本は?

本当に久しぶりにエキブロのトラバテーマに挑戦します。

このごろはこうやってblogを更新して活字に触れているのと正反対に
読む方は確実に活字離れしていますね。
読んでも漫画か雑誌ですよ。

20代くらいまで赤川次郎さんが好きで
三毛猫ホームズや三姉妹探偵団は新作が出ると必ず買って読んでいました。
今はなぜかちょっと遠ざかっていますが…
作風に飽きたというわけでも魅力に欠けてきたというわけでもないですけどね。

何年か前に小池真理子さんの小説を読みましたね。
「瑠璃の海」というタイトルで
バス事故で家族を亡くした男女が出会って
背徳の恋に落ちるという物語でした。
昨年、ドラマになったのがきっかけで
「チームバチスタの栄光」も読みました。

今読みたいのは上橋菜穂子さんの「獣の奏者」シリーズ。
今放送中のアニメがきっかけです。
児童向けなんですけど、壮大で大人が読んでも
大人なりの感じ方が出来る物語です。
今年の夏に続編と完結編が発売されています。
[PR]
by kaigaitata | 2009-11-22 22:17 | 雑誌・書籍

本借りまくり

昨日は久しぶりに図書館に行きました。
借りたのはレシピ本3冊と旅行本2冊。
料理はよくやるのですが、手軽に作れるお菓子があるということで
じっくり読んでいるところです。
あとは豆腐と基本料理のコツ。

一方旅行は適当に借りたのですが、
東京と韓国ガイドです。
東京は中学のときの修学旅行と
鬼怒川温泉に行く際の乗り継ぎでしか行っていないので
一度じっくりと腰をすえて旅行してみたいですね。
韓国は某アーティストのアルバム初回特典DVDで旅していたので
そっちも気になっています。

久しぶりに充実したお休みになりましたね。
[PR]
by kaigaitata | 2009-08-02 23:41 | 雑誌・書籍

児童向けらしいけど

今年1月から始まったNHK教育のアニメ「獣の奏者エリン」を見ています。
見るきっかけになったのはオープニングテーマを歌っているスキマスイッチですが、
見てみたら結構面白いので、今もずっと録画して見ています。
先々週の放送で主人公のエリンと母のソヨンが
悲しい形で引き裂かれたときはもう泣いてしまいました。

だんだん先が知りたくなったので、
今日図書館で原作の本「獣の奏者」を借りてきました。
児童コーナーにあったのでそこでかなり恥ずかしい思いをしましたが、
2週間の間に全部読破していくつもりです。
[PR]
by kaigaitata | 2009-03-01 23:41 | 雑誌・書籍

ママ、裸じゃいや~!

このタイトルを見て爆笑された方、
ちょっと若さがなくなってしまった関西人ですね?
あれはたぶん関西ローカルのはず)
それはさておき、ただいま後片付け中です。はい、いやいややってます。
で、クッキングパパの単行本に透明なカバーを掛けようとしていた時
悲劇が起こってしまいました。
ブックカバーが2枚足りなかったのです
実は、私が愛用しているブックカバーは、
アニメイトにしか売られていないもので、地元にはアニメイトがないのです。
地元には別メーカーの透明ブックカバーの販売もあったのですが、
今年2月に店頭販売をやめたので、幻になってしまいました。
こうなったら京都に出向いて買いに行くしかないか…と途方にくれています。
[PR]
by kaigaitata | 2007-12-30 13:55 | 雑誌・書籍

主に夜読んでますが…

毎週木曜日に発売されている週刊漫画雑誌「モーニング」が
今年で創刊25周年を迎えました。
そこで、先週からYahoo!で専門サイトがオープンしたり、
雑誌の中でも25周年特別企画があったりとお祝いムードになっています。
モーニングに掲載された漫画は、よく映像化されます。
古くは「What's Michael?」「ハートカクテル」「右曲がりのダンディー」「夏子の酒」
最近だと「ブラックジャックによろしく」「ドラゴン桜」「はるか17」などが有名です。
私はモーニングの中では「クッキングパパ」と「OL進化論」が好きです。
「クッキングパパ」は'92年から3年間アニメとして放送されていました。

専門サイトはまさしくデータベースといえるような中身の濃いものになっています。
あまり読まない漫画関連のものの結構楽しく読めます。
これをきっかけに、もう少しモーニングにしっかり接していけたらいいですね。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-30 22:33 | 雑誌・書籍
「日経エンタテインメント!」という雑誌主催の「エンタ!検定」というものがあります。
いくつかのblogで見かけたので私もやってみました。
結果は82点でした。

内訳はこうなっています。
+++ 第1回 エンタ!検定 成績発表 +++

あなたの総合得点は82点  全国平均 59点
全国順位(10月14日 22時現在)
2883位(100676人中)
--ジャンル別得点表 ---------------
    0_________10__________20点
映画 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
テレビ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
音楽 ■■■■■■■■■■■■■■■■■
書籍 ■■■■■■■■■■■■■
芸能 ■■■■■■■■■■■■■■■
-------------------------

--講評---------------------
あなたは「エンタの達人」
とても良い成績です。ただ、そんなあなたが弱いジャンルが「書籍」です。
これをクリアすれば、「神」までもう一歩ですよ。会議、宴…と種類を問わず、
あなたはどんな席でも話題の中心のはずですから、
これを機会に、もうワンランク上をめざして精進してください。
-------------------------

書籍の場合は東京の地図が問題に出てきたんですよ。
はっきり言って関西の田舎在住には不利ですって。
でもどうにか高得点が取れたので良かった…かな?
[PR]
by kaigaitata | 2005-10-14 22:55 | 雑誌・書籍

京都の老舗、また閉店

昨日京都の有名書店の丸善が閉店しました。
丸善といえば梶井基次郎の小説「檸檬」にも登場した店としても有名です。
経営上の理由のようですが、こうやって老舗が次々となくなっていくのはさびしいです。

実は私、高島屋で小籠包と格闘した日に行っていたんです。
入り口には本が無造作に積まれ、小さいかごにレモンが何個も置かれていました。
あの「檸檬」のシーンのひとつを再現したものです。
小説を買おうかなと思ったのですが、やめてしまいました。
実はその様子を写真に撮ろうと思っていたのですが、
後にしようと思い、そのまま出かけて、忘れて帰ってしまいました。
本当に後悔しています。

丸善はまた新しい所での営業再開を目指しているようです。
一刻も早く実現してほしいですね。
[PR]
by kaigaitata | 2005-10-11 21:57 | 雑誌・書籍

奇跡のコラボ

F1ファンとしてもおなじみの占い師阿雅佐(Agatha)さんが連載を持っておられる雑誌
恋運暦」9月号に阿雅佐さん監修の「F1セレブ占い」が掲載されています。
これには読者と相手のセレブ相性とおすすめF1レーサー12人が紹介されています。
このドライバー12人のイラストがかわいいんです。ぜひ買ってみてください。
(欲を言えばケロたんやラルフも見たかったけど)
この占いは金星の位置が対象になっていますので、結果を見る際にはご注意ください。

で、私もちょっとやってみました。私は金星が山羊座にあります。
結果がどうかはあえて書きませんが、当たっている気がします。
ただ、私はかなりの浪費家です。なので相手は若干しまり屋の方がいいです。
(しまりすぎも嫌だけど)
そして、相性のいいドライバーはFisicoでした。

最後に占いがらみのボヤキを一丁。
「めざましテレビ」の占い、なんでみずがめ座はいつも悪いの?
週に1回は最下位になってる気がします…
[PR]
by kaigaitata | 2005-08-09 22:33 | 雑誌・書籍
食べ物に関しては人一倍貪欲な方が多いと思いますが、
今から9年前に、食べ物専門雑誌があったことをご存知ですか?
その雑誌の名前は「ハラペーニョ」実業之日本社から発売されていた月刊誌です。
毎月17日発売、定価は340円、'95年7月号から'96年9月号まで発行されていました。
どんな内容だったかというと、毎月ひとつのメニューで特集が組まれていました。
この1年強の間に特集されたメニューは、ラーメン、カレー、ハンバーガー、お菓子など。
それらのメニューにまつわる記事がたくさんありました。
発売されているものを可能な限り試食してカタログを作ったり、
キャイ~ンの本音試食レポがあったり、関根勤さんがゲストを迎えてトークを展開したり、
有名店のメニューをインスタントもののかやくなどで真似てみたり…他多彩でした。
創刊当初は男性をターゲットにしていたそうですが、女性の読者も多いという理由で
途中で女性向けにおしゃれにリニューアルしたのですが、
これが逆にアダとなってしまい、結局1年少々で休刊になってしまいました。
(創刊号のラーメン特集はすぐに売り切れになったそうです)
今、改めて見てみると、もうすでになくなってしまった商品も載っていて懐かしかったり
ご飯の変わった食べ方も載っててびっくりしたりで十分楽しめます。
出来ればリニューアル前の形で復活してほしいくらいです。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-23 20:57 | 雑誌・書籍