私、海外旅行に畳持参の思ったことをぼそぼそ・だらだらと書き綴ります


by kaigaitata

<   2004年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

月見バーガー

毎年秋になるとマクドナルドから発売されるハンバーガーに月見バーガーがあります。
実は、この月見バーガーが大好きなのです。
ごまつきバンズにビーフパティ、目玉焼き、ベーコン、オーロラソースという
きわめてシンプルな組み合わせなのですが、これがすごくおいしいんです。
これを食べると心から「ホッ」とほころんでしまうくらいです。
月見バーガーの競合商品といえば、
ファーストキッチンのベーコンエッグバーガーがありますが、
地元にはファスキチがないのです。
そしてそのファスキチのものも食べたことがあって、それはそれでおいしかったのですが、
やっぱり私はマクドの方を選びますね。(すみません、関西人なので「マクド」と呼ばせて)
他にチーズ月見バーガーもありますが、私はプレーンがお気に入りです。
最近マクドではチキンフィレオがレギュラーメニューになりましたが、
私はそれよりも月見バーガーをレギュラーにしてほしいと常々思っています。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-30 20:20 | 食べ物

改めて中国GP…

右京さんのブログで中国GPの感想が更新されています。
今回はルビーニョ、キミ、バトン、琢磨さんのことが書かれていました。
ファン暦14年なのにいまだに知識は初心者並みの私にとっては
「へぇー」としか言えない位に感心することばかりでした。
琢磨さんは前半イケイケ、後半安定というようにいろいろな面が見られるようになりました。
鈴鹿ではどちらの琢磨さんを見られるのでしょうか?
そういえば、鈴鹿に向けていろいろなF1関連の本が発売されていますが、
あえて1冊選ぶとするならばどれが一番いいのか?これから考えてみます。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-29 21:24 | F1

訪問御礼

このブログの訪問者数が昨日2000を突破しました。
毎日更新を目標に、時にはネタが思い浮かばず四苦八苦することもありますが、
なんとかここまでやってこれました。
これからもネタを途切れさせないように、
そして皆さんに楽しんでいただけるようなブログを目指していきますので
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-28 20:37 | ノンジャンル
…といってもテレビそのものではありません。地元京都の放送局のことです。(←当たり前)
今日、地元のコスモス園にKBS京都の夕方の報道情報番組「Live5」の中継が来ました。
実は地元にはコスモス園が2つありまして、ひとつは一番メジャーな駅のすぐそば、
もうひとつは運動公園のすぐそばにあるのです。
この中継があるというのはHPのお知らせで知っていたのですが、
どっちのコスモス園かまでは分かりませんでした。
実はその番組放送時は仕事をしていて家にいないのですが、
運動公園の方は仕事が終わってすぐに行けば放送終了までには間に合う距離なので
なんとか行って見てみようと思ったのです。
ここはひとつ賭けとして、運動公園の方に行ってみようと思い、
たまたま今日は母に送ってもらっていたので、迎えに来てもらったときに無理を言って
そのコスモス園に駆けつけました。
着いた時、「違ったかな…」と思ったのですが、母が人だかりを発見し、
私がとりあえずその人だかりの方に行きました。それがまさにその中継だったのです。
その人だかりに混じったときにはエンディングに入る直前で、
「バイバイ」と手を振る練習が終わった直後でした。
人だかりの一番前には中継担当のKBS京都アナウンサー、平野智美さん
やはり中継キャスターをされている狂言師の茂山千三郎さんがいらっしゃいました。
そこに私も何食わぬ顔で一番後ろで手を振っていました。
おそらくテレビには私の手しか映っていないでしょう(苦笑)
実は平野さんには半年前「モリモリマニア」のコンピライブのときに
少しお話したことがあったのですが、今回はちょっと話しかける勇気がありませんでした…
そのコスモス園での出来事はわずか2分ぐらいだったのですが、
テレビの中継を体感出来てよかったです。
ただ惜しいのは、その番組のタイマー録画を忘れてしまったことです…(涙)
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-27 21:38 | テレビ・映画

中国GP結果

F1 中国GP 決勝

バリチェロ2連勝!ミハエルの調子が悪くてもきちんと結果を残すのはやっぱりすごいです。
そしてまた表彰台の上でやってくれました!
ルビーニョはやっぱり表彰台のエンターティナーですよ。
琢磨さんはグリッドが悪かったのを見事にカバーしましたね。6位入賞は立派です。
一方ミハエル兄さんはあれあれ?てな結果でしたね。
私とタメ年の復活ジャックはいまひとつ波に乗れませんでした。
昨年鈴鹿の復活琢磨さんに比べて…うーん…というしかありませんでした。
同じく復活ラルフもあれはかわいそうでした。デビクルに来年はあるのでしょうか?
ちなみに昨日は寝だめ出来なかったので今朝はなかなかエンジンがかかりませんでした。
そして一番心配だったお客さんのマナー、今回は大丈夫でした。
以上、中国GP感想でした。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-27 20:59 | F1
昨日で「モリモリマニア」第10代職人レースが終了しました。
チャンピオンが誰かはもうはっきりと想像がつきますが、OAまであえて伏せておきます。
私自身の結果を見ると過去最多の40ポイントを獲得しました。
最後くらいになるとまったくネタが思い浮かばなくて、
加えて今週ネタを考える時間もなかったのでPCの前で「うーん…」と考えながら
苦し紛れに出来たものです。それでも採用されたので、これは森谷さんに感謝です。
さてこれでとりあえず一息つけるな…と思ったら
なんともう今週土曜日から第11代職人レースが始まるというではないですか!
今週はそのチャンピオンのネタのベストセレクションと思っていたので
息も絶え絶えの私はすっかり困り果てています。
そして私の戦いは休む間もなくまだまだ続きます…
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-26 12:23 | ラジオ

サプライズ

F1第16戦中国GP フリー走行2回目 佐藤琢磨エンジンブロー

昨日フリー走行で琢磨さんがエンジンを交換したということでグリッド10番降格を知って
いきなりテンションが下がっていましたが、思いもかけないことが起こっていました。
ミハエル兄さんがスピンで予選19番手?
これは決勝の2人の追い上げが見ものですね~
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-25 22:34 | F1
食欲の秋、いま一番食べたいものは?

もともと食いしん坊なので「食欲の…」という言葉は年中当てはまるのですが、
(ダイエットはどうした??)
私が秋に食べたくなるものというと、この時期に出てくるチョコレートでしょうか?
気温が低くなるとチョコが解けにくくなるというのが新商品続出の理由でしょう。
ちなみにすでに食べているチョコは「グリコムースポッキー・マイルドショコラ」です。
柴咲コウさんがCMで言ってるように「やらわか~い」食感でした。
今狙っているのは「ロッテガーナミルクチョコクッキー」ですね。
他にモンブランも無性に食べたくなります。
最近は種類も増えましたよね。チョコ味とか紫芋味とかいろいろ…
モンブランも年中ありますが、栗がメインだからか、秋に食べたくなりますね。
もうひとつ付け加えるならばさつまいもプリンです。これもおいしいですよ。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-24 22:06 | 食べ物
食べ物に関しては人一倍貪欲な方が多いと思いますが、
今から9年前に、食べ物専門雑誌があったことをご存知ですか?
その雑誌の名前は「ハラペーニョ」実業之日本社から発売されていた月刊誌です。
毎月17日発売、定価は340円、'95年7月号から'96年9月号まで発行されていました。
どんな内容だったかというと、毎月ひとつのメニューで特集が組まれていました。
この1年強の間に特集されたメニューは、ラーメン、カレー、ハンバーガー、お菓子など。
それらのメニューにまつわる記事がたくさんありました。
発売されているものを可能な限り試食してカタログを作ったり、
キャイ~ンの本音試食レポがあったり、関根勤さんがゲストを迎えてトークを展開したり、
有名店のメニューをインスタントもののかやくなどで真似てみたり…他多彩でした。
創刊当初は男性をターゲットにしていたそうですが、女性の読者も多いという理由で
途中で女性向けにおしゃれにリニューアルしたのですが、
これが逆にアダとなってしまい、結局1年少々で休刊になってしまいました。
(創刊号のラーメン特集はすぐに売り切れになったそうです)
今、改めて見てみると、もうすでになくなってしまった商品も載っていて懐かしかったり
ご飯の変わった食べ方も載っててびっくりしたりで十分楽しめます。
出来ればリニューアル前の形で復活してほしいくらいです。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-23 20:57 | 雑誌・書籍
メディアをいろいろ見ていると、紙・ネット共にF1ドライバーにさまざまなニックネームがついています。普通にそれらを見ているだけでも楽しいし、気がつけば、自分もそのニックネームで呼んでいたりもします。
普通は苗字呼び捨てパターンが一番多いですが、それに続くパターンとしてファーストネーム呼び捨て(例・ヤルノ、ジョニー、琢磨、ラルフ)も多いです。他に苗字・名前を少し変形させたもの(例・シュー、フィジコ、ルビーニョ)や、さん、くんなどをつけるもの(例・右京ちゃん、キミたん、パニやん)や、イメージのニックネーム(例・教授、皇帝、ぺヤング)もあります。
でも私個人としてはかなり変形したものもそれなりに楽しいです。たとえばクルサードならDCやデビクル、バウムガルトナーの場合はバウムクーヘン(…)、トゥルーリの場合はつるり、中でも一番意味不明なニックネームはハイドフェルドですね。ニックだけに「肉」って…
歴代のニックネームで印象に残っているのはベルガーのニックネーム「ゲベ」です。このアバウトさがなんともいえませんよね。
このようなニックネーム、これからもユニークなものが出てくるのでしょうね。
[PR]
by kaigaitata | 2004-09-22 22:44 | F1