私、海外旅行に畳持参の思ったことをぼそぼそ・だらだらと書き綴ります


by kaigaitata
カレンダー

<   2006年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

おととし初めてハロウィンに乗っかり、それなりに満喫できました。
ところが昨年はそれどころじゃないトラブルを起こしてスルー。
そして、今年2年ぶりにハロウィンに乗っかってみました。
といっても2年前と同じくかぼちゃスイーツを食べただけですが…
今年食べたのはこの2品。

1.パンプキンメロンパン(ローソンオリジナル)
皮もパンもかぼちゃが練りこまれているメロンパン。
かぼちゃの味はそれほど感じませんでした。

2.キットカットBabyパンプキン(ネスレ)
かぼちゃクリームがウエハースに挟まったひとくちサイズのキットカット。
予想に反してかぼちゃの味がしっかりしてました。

両方とも期間限定なのがちょっと惜しい気分です。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-31 22:40 | 食べ物

主に夜読んでますが…

毎週木曜日に発売されている週刊漫画雑誌「モーニング」が
今年で創刊25周年を迎えました。
そこで、先週からYahoo!で専門サイトがオープンしたり、
雑誌の中でも25周年特別企画があったりとお祝いムードになっています。
モーニングに掲載された漫画は、よく映像化されます。
古くは「What's Michael?」「ハートカクテル」「右曲がりのダンディー」「夏子の酒」
最近だと「ブラックジャックによろしく」「ドラゴン桜」「はるか17」などが有名です。
私はモーニングの中では「クッキングパパ」と「OL進化論」が好きです。
「クッキングパパ」は'92年から3年間アニメとして放送されていました。

専門サイトはまさしくデータベースといえるような中身の濃いものになっています。
あまり読まない漫画関連のものの結構楽しく読めます。
これをきっかけに、もう少しモーニングにしっかり接していけたらいいですね。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-30 22:33 | 雑誌・書籍

四角い顔の憎いヤツ

デビクルことデビッド・クルサードは、その顔の輪郭でよく「ぺヤング」と呼ばれます。
ところが、関西ではそのぺヤング焼そばが売られていないので、
存在は知っていても、なかなか実物に出会えませんでした。
しかし、最近某大型スーパーでぺヤングを発見しました。
見ると、確かに長方形で四角い顔の人がよく揶揄されるのも分かるといえる形でした。
デビクルはたまに「味はまろやか」といわれることがありますが、
その意味がまったく分かりませんでした。
でも、昨日そのぺヤングが置かれている場所に
「顔は四角くても味はまろやか」という趣旨のことが書かれていて
やっときちんと理解できました。
ぺヤングのキャッチコピーをそのまま使っているんですね。すっきりしました。
これからはきちんと「四角くてもまろやか」なデビクルという認識を持って見ていきます。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-29 23:54 | 食べ物

ひそかに嬉しいこと

最近あまりドラマを見ないのですが、
普段脇役が多い役者さんが主役をやっているのを見ると
わけもなく嬉しく感じます。
今日も「弁護士・灰島秀樹」というドラマで八嶋智人さんが主演していました。
八嶋さんはもともと好きな俳優ではあったのですが、
ドラマの主役やってる姿を見ると嬉しく感じました。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-28 23:54 | テレビ・映画

兄さん本、どれにしよう

先日のブラジルGPを最後にF1を引退したミハエル兄さん。
今後がものすごく気になりますが、
その前に、色々出ている引退記念本からどれを選べばいいかものすごく悩んでいます。
既に2冊くらいそういうのが出てますし、今後も出版予定があります。
佐藤琢磨さんに関する本は5割くらいの確立で買っていますが、
ミハエル兄さんの場合は、厳選した1冊を買いたいのでまだ検討中です。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-27 22:34 | F1

今年版ゲット

b0005407_2344953.jpg

前にスケバン刑事の公認ヨーヨーが出ることを書きましたが、
今週'06年版のヨーヨーを買ってきました。
これは片面に桜の代紋がついていて、もう片面は通常のデザインになっています。
まだ遊んでいないので、感触は分かりませんが、
見るだけでちょっとテンションがあがります。
今年版でこれだけ興奮できるのですから、
リアルタイムで楽しんでいた'80年代版を買ったら
これ以上のテンションアップは間違いありません。

実はこのヨーヨーで遊ぶために右手でヨーヨーを操れるように練習してました。
今はだいぶ左手で遊ぶのと変わらないくらいになっています。
'80年代ヨーヨーを買った際にはまた改めて画像をアップします。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-26 23:47 | テレビ・映画
久しぶりに3日連続でF1の記事を書いていると、なんかF1blogっぽいですね。

それはさておき、ブラジルGPは地元のマッサが優勝しました。
ブラジル人ドライバーがブラジルGPで優勝したのは
'93年のアイルトン・セナ以来13年ぶりのこと。
おととしくらいだったらやはり地元のケロたんにもチャンスはあったのですが、
残念ながら優勝は出来ていません。

そして、2位でゴールしたアロンソくんが2年連続ワールドチャンピオンを決めました。
今回のレースは、ミハエル兄さんが去った後のF1シーンの主役が
しっかり活躍した印象を受けました。

来年はマクラーレンに移籍するアロンソくん
フェラーリに移籍するキミちゃん、
今年プレッシャーがのしかかる中で2勝をあげたマッサ、
今年開幕戦で強烈な印象を残したニコちゃん、
後半戦で一気に次世代スターの片鱗を見せたクビサ
そして中堅どころのバトンなど
注目できるドライバーがたくさんいます。
ミハエル兄さんがいなくなっても、また新しい楽しみが出来そうです。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-25 22:38 | F1

ブラジルGP雑感(SAF1編)

おとといのブラジルGPでスーパーアグリの佐藤琢磨さんがチーム最高位の10位完走、
山本左近さんも16位で完走を果たし、2戦連続2台完走となりました。
今年からF1に参戦しているスーパーアグリは、
参戦表明から本当に色々なことがありました。
まず書類上のミスによるエントリー不採用騒動。
井出有治さんのシーズン途中のスーパーライセンス剥奪。
レース自体もなかなか思うような結果を出せなかったり…
それこそ波乱の1年でした。
でも、それだけに開幕戦にマシンを走らせることが出来たのには素直に嬉しかったし、
2戦目では琢磨さんが早くもいいバトルを見せたり、
最終的には他のマシンと遜色ないタイムを出したりして
決して悪いことばかりではなかったのではないでしょうか!?

最初の頃は琢磨さんがスーパーアグリで走ることは
彼にとってキャリアの後退だなと思っていましたが
結果としてはチーム力、マシン力の向上につながり、
琢磨さん自身のスキルアップにもなりました。
左近さんも終盤はコンスタントに完走できたので、
来年はもしかしたら化けることもありうると思えるようになりました。
また、今まで亜久里さんにはいい印象を持っていなかったのですが(ごめんなさい)
今年のがんばりで見直しました。

来年は、それこそ簡単なことではないと思うのですが、
「入賞」を目標にして、今年よりも1つ階段を上れるようにがんばってほしいです。
そして、SAF1を支援してくれるスポンサーが増えるように願っています。

明日はレースそのものと新世代ドライバーにまつわる話をしていきます。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-24 23:28 | F1

さよなら皇帝

昨日は夜の冷えに負けて、結局途中で寝てしまったのですが
今日の夜ちゃんと見ることが出来たF1最終戦・ブラジルGP。
たぶん書くと異様に長くなりそうなので、いくつかの項目に分けて書いていこうと思います。

今日はミハエル兄さん中心にお送りします。
とうとう来てしまった兄さん最後のレース。
予選10番手からスタートして、いきなり攻めの走りを見せていたのに
序盤で右リアタイヤのバーストで後方に下がってしまいました。
でも!でもでも!
それでも果敢に攻めの走りを最後まで見せてくれました。
その結果4位でフィニッシュ。
本当は最後のレースで悪くても表彰台に立って
あの強さに裏打ちされた笑顔を見たかったのでそこはちょっと残念だったのですが
最後にファステストラップをたたき出したのには頭が下がります。

考えてみればデビュー戦からいきなり強烈な印象を与え
気がつけばあれよあれよという間にトップドライバーの座を獲得。
ワールドチャンピオン7回獲得、優勝回数91
その他ポールポジション68回獲得などなど
記録という記録をたくさん塗り替えてきました。
おそらく塗り替えていないのは出場回数と最年少チャンピオンくらいかもしれません。
私を含める多くの方々は、強い兄さんの姿しか印象にないかもしれませんが
実は16年の間に色々と挫折もありました。
中でも'99年の骨折による戦線離脱は一番つらいことだったと思います。
いい部分だけじゃなく、非難されるようなこともしたのも事実ではありますが、
歳を重ねることに人間味が加わっていき
それがある意味「らしさ」になっていったのではないかと思います。

兄さんの走りをもう見られなくなるのは本当に寂しいです。
今よりも来年にもっと寂しさを感じるのでしょうね。
グリッドに姿を見かけなかったり、
ラルフの名前で「R.SCHUMACHER」から「R」が取れて
「SCHUMACHER」になるとそう感じるのかもしれません。
来年からは「ラルフ」じゃなくて「シューマッハ」と呼ばれたりもするのでしょうか?

ミハエル兄さん、16年間、本当にありがとうございました。
これからまた何かの形でF1に関わってくださるとうれしいです。
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-23 23:22 | F1

今の正直な気持ち

まったくもう…1時間20分遅れって…
日ハムも中日もちんたらやってんじゃねぇっつうの。
こっちはミハエル兄さんのラストレースがかかっているんだから。
さらにその前には引退特別番組もあるというのに
下手したらその番組がなくなるか、
レース放送時間が短縮されるかになりかねないし。
フジテレビもF1のあるときに野球中継を入れんなよ、もーーー!

…以上、野球嫌いのF1ファンの激しすぎる怒りでした。

追記
ミハエル兄さん引退特別番組は休止だそうです。
兄さんファンの皆さん、この怒りはフジテレビと野球ファンにぶつけてください…(←大嘘)
[PR]
by kaigaitata | 2006-10-22 22:17 | F1