私、海外旅行に畳持参の思ったことをぼそぼそ・だらだらと書き綴ります


by kaigaitata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

とはいえ新鮮でもあった今年のF1

今年のF1はデビュー2年目のルイス・ハミルトンの
ワールドチャンピオンで幕を閉じましたが、
別の視点で見ると、新鮮さがあって面白い年でもありました。

ロバート・クビサ、ヘイキ・コバライネン、セバスチャン・ベッテル。
この3人の初優勝は見ていてすがすがしかったです。
クビサやベッテルはこれからのF1を担う中心人物になっていきそうだし、
コバライネンも経験を積んでもっと存在感を増していくと思うので
まだまだF1に興味を持っていられると確信しています。

他に、ネルソン・ピケJr.やティモ・グロックといった新人2人が
早々と表彰台に登り、ますます新旧交代が進みそうです。
そこに中嶋一貴くんも加わっていけば
日本のF1人気が少しでも上がってくれると思うのですが…
とにかく、来年もF1をしっかり見続けていきたいです。
by kaigaitata | 2008-11-09 23:38 | F1